Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

ようこそわが家へ_最終回

ようこそわが家へ

さすがは池井戸潤原作。
間違いない面白さだった。

っというか、
池井戸潤作品でぽしゃったらフジさんも終わりだもんな。
力入れた感が感じられた。

犯人が誰だかわからない。
複雑に絡み合った人間関係。
犯人は一人ではない。

家族で一丸となって名無しなんと立ち向かう倉田家。
最高の家族。

原作はお父さんが主役だけど、
さすがに月9。
相葉くんを主役にして、ちょっと頼りない兄貴が
頼れる兄貴に成長する姿もいい感じ。

頼りないお父さんも、
会社の営業部長に反撃する最終回は流石、池井戸作品!
スカッとしっぱなしの大どんでん返し!

最後まで楽しめるドラマでした。

ただ、最後の最後のアレは?なに?
あれだけはいらないでしょ〜〜〜〜〜〜〜。


ようこそ、わが家へ Blu-ray BOX


ようこそ、わが家へ (小学館文庫)
ようこそ、わが家へ(kindle)

ようこそわが家へ_最終回
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA